工場では様々な製品を製造していますが、これらの製造工程で発生するガスはきれいにして排出しませんと、周囲の住民の方に悪臭などで迷惑をかけたり、或いは工場内で作業を行っている従業員の健康に悪影響を与える可能性も有りますので、排ガスを浄化する事が必要となります。そこで工場ではスクラバーを設置して、排ガスを装置に通してから排出を行っています。このスクラバーは大きく分けて湿式と乾式に分けられます。湿式は酸性やアルカリ性のガスや、ミスト、粉塵など様々な物質に対して水を用いて洗浄した後に、各種薬剤で中和を行い排ガスを綺麗にする方式となっています。

もう一方の乾式スクラバーは、水では除去の難しい有機溶剤や悪臭を活性炭を用いて除去する方式です。この活性炭はカートリッジ式になっていますので、交換も簡単に行う事が出来ます。これらのスクラバーは仕様が同一の規格品を始めとしまして、処理風量や排ガスの除去物質の種類などユーザーのニーズに応じて、専用の装置を特注仕様で設計してもらう事も可能です。また装置を構成する部品などは、酸やアルカリなどのガスに触れても、腐食しにくいステンレスなどの材料を使用していますので、長期間にわたり利用する事が出来ます。

この様にスクラバーは私達の生活環境を守る大切な役割を担っている装置であり、機械製造工場や食品工場を始めとしまして、各種研究施設や学校施設など非常に幅広く活用されています。スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です