環境保護規制は、日本を含めて世界的に厳格化の一途をたどっています。多くの企業が環境保護を考えながら事業を行っていますが、海運業界で注目されているのがスクラバーです。スクラバーは有害ガスや粉塵を吸着し、水洗いや薬液中和行ってから放出します。燃料油の硫黄分規制は年々厳しさを増し、高硫黄と低硫黄では価格差が広がっている状況です。

多くのコンテナ船運航会社が注目しているスクラバーは、排ガス洗浄装置とも呼ばれます。船に装備していれば、価格が高い低硫黄燃料を使用しなくてもIMOの規制をクリアして運航できます。硫黄分規制により運営コストに影響が出ている会社も、コストの削減が可能です。スクラバーは、日本国内にある各種工場でも活躍しています。

健康に害があるガスや臭気ガスを発生させると、工場周辺の住民に迷惑がかかります。排ガスの種類によっては、環境にも大きな影響を与えてしまいます。小さな工場の中には内部の排ガス対策が不十分な会社もあり、従業員の健康や生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。工場にスクラバーを導入すれば、スムーズに排ガス処理が進みます。

導入を検討している場合は、工場で発生する排ガスの種類を事前に把握しておく必要があります。細かく把握していれば、すぐに有効な排ガス対策ができます。臭気のある物質や有害物質が発生しやすい化学工場は、適切な排ガス対策が必要です。水膜形成によって排ガスを処理できる洗浄装置なら、より効果的に環境対策ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です