水を利用した除害ができるのが湿式スクラバーです。スタンダードなタイプは縦型で、一番下に水が溜まっています。吸気はその貯水部の上から行いう構造です。充填材が上部にあり、送り込まれる排ガスは排風機で強制的に送り込まれます。

そのまま上部に送られて充填材を通ると上から水がシャワーのように噴霧されます。この水は貯水タンクからポンプを使って組み上げられたもので、排ガスにまんべんなくかかるような配置です。その後水分の含まれた排ガスはミストセパレータによって、濾過されて除害された排ガスとなって大気に排出されます。スクラバーは酸性のガスが含まれるため、耐蝕性の高い硬質塩化ビニールを使っていることがほとんどです。

ミストセパレータが分離した湿気は、そのまま下部にある貯水タンクに戻されます。有害物質を含んだ廃液は重くなるため、下部から排水されて、常に新しい水が供給されます。このスクラバーは、塩酸系や酸性ガス、アンモニアやアルカリ性ガスの除去に利用可能です。スペースの関係から横向きに設置されているものもありますが、基本的な構造は変わりありません。

処理できる排ガスの量は大きさによって変わってくるので、基本的には縦型が利用されることが多いことが現実です。除去効率はガスの成分により異なりますが、90%以上がほとんどです。二酸化窒素や塩酸ガス、鳥メチルアミンはこの方式は向かないので、違う方式のものを検討する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です