スクラバーは排ガスから有害物質を取り除く洗浄機です。湿式の構造では水をシャワー状に吹き付けています。排ガスに湿気を含ませることで、物質を吸着することができるので水分を分離することで、洗浄することが可能です。無害になったガスはそのまま大気に流すことができます。

常に排出される排ガスを効率よく処理するためには、スクラバーの性能が重要になります。ここで注目すべきはミストセパレータと呼ばれる部分です。ミストセパレータは名前の通り湿気を分離させるフィルターになります。繊維でできているものが多く、排出口に向かう方向性を持った排ガスが通る時に湿気を絡めとる働きをします。

このミストセパレーターの効率はスクラバーの効率と言っていいほど深く影響しています。この処理に時間がかかったり、目詰まりなどで気体を通せないようなことがあると、期待していた性能を発揮できないことになります。だからと言って通気性の良いフィルターにすると、しっかりと湿気を取り除くことができないため、有害物質がt理のぞくことができないことになります。それでは意味がありません。

機密を高めると通気性が悪くなり、低くすると洗浄ができなくなることから、一般的にはフィルターの厚みを調整することで適切な通気性能を見極めます。この部品は交換が必要な消耗品なので、メンテナンスの効率も確認しておかなければいけません。コストがかかったり、頻度が高いようだと運用に支障が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です