あまり聞き慣れない言葉ですが、スクラバーとは大気汚染防止装置の1つで、工業等から出る排ガスから粉塵や汚染物質を除去する装置の事です。最初は潜水艦黎明期に登場した初期の潜水艦の空気洗浄のため、二酸化炭素を除去する目的で設計された物で、塔の様に長い筒状の装置である事が多い為洗浄塔とも呼ばれております。工場から排出される物質には様々な臭気物質、汚染物質、有毒ガス等が含まれる事があり、これを外部にそのまま放出すると悪臭がおきたり有害物質により近隣住民への迷惑はもちろん大気汚染にもつながりますので、スクラバーにより洗浄する事が必要なのです。スクラバーには湿式洗浄塔と乾式洗浄塔の2種類があり、適したタイプや規模のスクラバーを選ぶ必要があります。

湿式洗浄塔の場合、塔内に排ガスを取り込み層になっている充填材と水を通過させ汚染物質を取り除き外部に放出する構造になっている充填式と、排ガスと水や薬液を混合して汚染物質を洗い流す構造になっている無充填式があります。乾式洗浄塔の場合活性炭などの吸着性フィルターに通す事で汚染物質を吸着する構造になっています。湿式洗浄塔の場合水に溶けやすい汚染物質の洗浄に向いており、乾式洗浄塔は水に溶けにくい汚染物質にむいているので、化学工場、食品工場、実験室や飲食店などと、汚染物質が出る場所は様々なので、その場所にあった洗浄塔を用いて大気汚染防止や生活環境を守るために利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です