工場廃水を流す際には、環境基準や周辺環境に気を使う必要があるものです。散気管を活用することで、近隣の河川敷に排出しても問題が生じることのない、綺麗な排水に変えることができるのです。排水を流す際には、気泡が生じることを懸念するケースも多いでしょう。酸素溶解効率の高い散気管を活用すれば、河川敷に排水しても、水面を乱すことはなくなります。

住宅街が周辺にある工場では、川面に泡が生じていると問題が起こるものです。近隣住民からのクレームを受けることのないように、気泡を削除してから排水を行なうことが大切なのです。散気管を活用することにより得られるメリットには、気泡を取り除くことだけではありません。水分に含まれる油分を除去する効能もあります。

廃水に含まれる油分を細かく分解することにより、水面下にいる微生物が捕食できるようになるのです。廃水内の油分が消えることにより、近隣の川に生息する魚へ悪い影響がでなくなるだけではなく、悪臭が立ち込めることもなくなります。散気管を利用するにあたっては、ディフューザーよりも少ない電力消費量で済みます。いままで、ディフューザーを使って工業廃水を濾過していた工場では、大幅なコスト削減にもなるのです。

ディフューザーの種類によっては、散気管を用いることにより、従来の半分の電力量になるケースもあります。散気を行なう際には、気泡や油分を取り除くのと同時に汚泥も除去していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です