散気管は、下水を排水する量が多い工場で広く使われています。工場排水を河川敷に流す場合には、工場で使用したままの状態では、環境基準に抵触してしまう可能性があります。散気管を利用することにより、排水のなかの気泡を無くしたり、脂分を除去したりできるようになるのです。廃水のなかに酸素を通すことで、水分の中に含まれる気泡を溶解させることを目指すのが散気管を活用する目的です。

工場近辺の河川敷で川面が気泡で溢れているのは、周囲の印象も悪いものです。エアレーションが生じないように、排水を事前濾過しておけば、放流しても問題ない状態に排水を変えることができるのです。工業廃水には多くの油分が含まれるものです。排水に含まれる油分を分解していけば、川に生息する微生物が捕食しやすくなります。

近隣の自然環境に悪い影響を与えることもなくなるのです。大量の工業廃水を流している工場では、河川敷に流す油量も膨大になるものです。廃水を事前に濾過することにより、川の表面に油が浮いてくることも水面下の魚の生息に悪い影響が出ることもなくなるのです。散気管には圧力損失がないため、少ない電力量で使用することが可能となっています。

従来のディフューザーに比べれば、遥かに少ない電力消費で工業廃水を綺麗に変えていけるのです。製品によっては、通常のディフューザーの半分程度の電力量で稼働させることが可能なものもあります。汚泥が蓄積されなく、気泡の少ない工業廃水へと変えていけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です