スクラバーは工場内の有毒ガスを外部に放出しないようにするために非常に重要な役割を果たすものですが、その種類によって排気の処理方法や効果が大きく異なるので、目的に合ったものを選ぶことが重要です。同時にその処理方法による環境への影響も十分に配慮しなければなりません。一般的には物理的なフィルターなどを利用して有害物質を除去し排出する方法が多いのですが、その排出ガスの種類によっては化学的な反応を利用して除去をすることが求められる場合もあります。しかしこの場合にはその媒介となる物質が有毒性を持っていないことを十分に確認して使用することが必要であるほか、過剰にスクラバーの性能を求めないようにすることも重要なポイントとなっています。

その理由は過去にこれらの物質が外部に流出し様々な健康被害を発生させたと言う実例があるためです。スクラバーは継続的に使用しなければならないものであるため、その性能の劣化や機器の破損に対しても十分に管理をすることが必要です。その機能が停止した場合には工場自身の操業を続けることができなくなってしまう場合が多く、金銭的な損失を被ってしまう事も少なくありません。また故障により有害物質を発生させた場合には様々な二次的な問題を発生させてしまうことも多いため注意が必要です。

近年のスクラバーでは、機能上様々な部分で問題を引き起こさないような工夫がなされていることが多いのですが、それでもその原理を十分に理解しリスクの高い動作を行っている場合にはその点に関して十分にトラブル時の対策を考慮することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です