近年、大気汚染や二酸化炭素による地球温暖化などが問題になっています。それを少しでも改善しようとするのが、スクラバーです。詳しく説明すると、工場からは排気ガスが放出されます。人体にも害があるものもあり先ほどの環境問題にもつながってきます。

なので、排気ガスが出る煙突をスクラバーにすることにより、排気ガスをその場で処理することができます。害のないものにしたり、悪臭を防いだりすることができます。スクラバーには二種類の用途がありそれぞれの仕組みが変わってきます。乾式と湿式という2種類の方法があります。

湿式というのは、煙突の中にアルカリ性または酸性の洗浄液を噴出させて、それが排気ガスにかかることにより中和し、無害なものにするものです。排気ガスが酸性、アルカリ性の場合によって洗浄液の液性も変わってきます。湿式というのは、活性炭などの吸着剤や高性能フィルターなどを使い排気ガスを通過させ、悪臭の原因となる物質を吸着させることにより無害にするやり方です。それぞれ主な役割は違っています。

乾式では化学物質など人体に有害なものなどを無害にすること。湿式は主に悪臭を取り除くときなどに使われます。湿式として有名なデオライザーというものがあります。水膜を作りそれで、埃や悪臭の原因物質などを捕まえています。

気液接触効率の100%を実現させています。この仕組みにより確実に埃や悪臭などを改善することができ、ほかのメーカーが作っているものよりもとれる量は多いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です