散気管を設置することにより、工場廃水を綺麗に濾過することが可能となります。廃水に含まれる気泡が多いと、川に放流した際に、川面に気泡が浮いてしまい、景観の悪さと周囲への悪影響を与えていきます。散気管を活用することで、廃水を放流する前に、水分中の酸素濃度を低下させることができるです。散気管を使うことは、水分中の酸素濃度を低下させるだけではなく、余分な油分の除去も行えます。

水分中に生息する魚介類や微生物が捕食しやすい大きさまで油分を砕いていくことができれば、放流後に自然な形で油分が消えていくのです。廃水のなかの酸素濃度や油分が濃いと、微生物の活動が難しくなります。微生物の代謝が衰えてしまうと、水分内の硫化水素が増幅してしまい、異臭の原因になるものです。気泡が生じることもなく、異臭が漂わない綺麗な廃水処理を可能にするのが、散気設備を使うメリットです。

ディフューザーを用いた工場廃水を浄化する場合には、圧力損失が生じる部分もあり、多くの電力消費を伴ってしまいます。工場から排出される廃水量が多い場合には、相応の電力消費が発生していくのです。散気管を用いることにより、ディフューザーを使う場合よりも、大きく電力コストを削減できるのです。散気管を施工する場合には、事前に無料での見積りを依頼することが可能となっています。

過去の工事経験を元にした的確な見積りを行えるのです。排水設備を改善することにより、どの程度の浄化効果を得られるかや、光熱費をどの程度削減できるのかを、工事前に把握することができるのです。散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です