散気管を活用することで、工業廃水を綺麗に濾過することが可能になります。廃水に気泡が含まれると、川面に気泡が生じたり、異臭を放ったりするものです。水中の酸素濃度が高いと、水中の微生物の活動が鈍くなり、悪臭の原因となる硫化水素の発生を招きます。異臭や気泡が発生してしまうと、工場近辺の住人からクレームが来たり、環境基準に抵触したりするものです。

散気管を用いて、廃水から十分に酸素を抜いておくことが必要なのです。工場によっては、ディフューザーを使って気泡を取り除く場合もあるでしょう。圧力損失の多いディフューザーの場合には、利用に際して多くの電気代を消費します。散気管を用いれば、少ない電力消費で工業廃水の濾過が可能となります。

有害物質や酸素の濾過だけではなく、高い省エネ効果を得ることもできるのです。散気管には、廃水に含まれる油分を除去する機能もあります。川に生息する川魚や微生物が捕食しやすい大きさになるまで、油分を分解していくのです。散気管を導入する際には、施工に要する費用の無料見積りが可能です。

多くの施工業者では、過去の実績を元にした形で、工事に掛かる期間や費用の見積りを行なうことができます。導入による廃水の濾過効果や、光熱費がどの程度削減されていくかを、事例を元に説明してくれるのです。悪臭や気泡を垂れ流していると、工場の経営そのものが立ち行かなくなります。周囲の環境を意識した健全な経営のためには、廃水の濾過が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です