散気管とは空気を排出する管の事であり、水槽などで使用されるエアレーションやエアストーンなどがあります。実際に散気管を水槽で使用するメリットは多く、水槽を活用している多くの人は取り入れているのが特徴です。では実際に散気管を水槽に設置する事で得られるメリットですが、まずは酸素の供給があります。水中にすむ魚なども酸素は必要であり、酸素が不足すれば酸欠になってしまいます。

健康的に水槽内の生物を育てる為には、散気管は必要なアイテムの1つです。空気を排出して酸素を供給するだけでなく、水の流れを発生させる効果も得られます。それにより硝化作用の向上を高めることができ、バクテリアなども活性化させることが可能です。水が停留していると濁ってしまり汚れなどの原因にもなりますが、空気によって流れができて循環効果を高める事も出来ます。

適切に水が循環されて酸素が供給される環境にすることで、治療効果を高める事ができ生物にとってもより住みやすい環境に作る事ができるのも魅力です。水槽内で生活している生物による排泄物などによって、油膜が貼ってしまう現象も出てきます。循環させることでその油膜を防止する効果があり、より適切な状態を保つ事に繋がります。夏場などえあれば水が動く事で、一部の温度が高くなるといった現象を防ぐ事が出来ます。

水中内の温度を一定に保つことで、高温になる事を防ぎ生物へ与えるストレスなども軽減する事ができるのも強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です