水槽の中に設置されるアイテムとしてエラレーションやエアーポンプなどがありますが、管から空気を排出するアイテムでる散気管になります。散気管は水槽で水草や熱帯魚などを育てる為には、欠かせないアイテムの1つです。散気管を使用する事でえられるポイントとして、まずは酸素の供給になります。水中では水草や生物によって吸収されてしまい、時間がたつにつれて減少していきます。

水草によってある程度は供給されますが、水槽内の生物の数や水草の量によって足らない可能性も多いです。その場合は散気管を使用することで、一定の量を供給する事ができ水中内の酸素濃度を高める効果が得られます。しっかり供給することで多くの生物を飼育できる環境にする事ができるだけでなく、魚などの成長を促す効果なども期待できるのも魅力です。特に大型の熱帯魚などは多くの空気を必要とするので、しっかり十分な量を供給することで成長だけでなく健康面でも大きな効果が得られます。

水槽内では水中の環境を整えるためにバクテリアの働きが重要隣ますが、バクテリアを活性化させるためには欠かせないのも特徴です。空気をしっかり供給する事でバクテリアがより活発に働き、水中の硝化作用が高まりより質の高い水質にする事が出来ます。水槽の大きさによっても必要な酸素量は異なりますが、十分な水質環境を作るために散気管は欠かせないアイテムと言えます。使用する際は大きさや排出する空気の量など、しっかり把握して選ぶ事もポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です