水槽では水草を育てたり、熱帯魚などを飼育したりと様々な楽しみ方があります。ただし水中という特別な空間となるため、しっかりと水質環境などを考えて様々な工夫が必要です。水質管理に置いて重要なアイテムとして散気管があり、管を通して酸素を供給する事ができます。水草や熱帯魚などは水中内での酸素濃度は重要なため、散気管を活用してよりよい環境にする事が可能です。

ただし使用する事により様々なポイントもあるので、注意点として理解しておこう事も重要になります。散気管の種類としてエアレーションがありますが、これだけでは使用する事ができません。エアレーションとセットでエアポンプが必要となるので、必ず用意することで正しく活用する事が可能です。水槽の水の量にもよりますが、排出される空気によって水が跳ねる場合もあります。

水はねで周りが濡れてしまう可能性もあるので、蓋を設置したり水がはねても問題ないようにシートを引くなど工夫する事もポイントです。空気が排出される事で水槽内の水が巡回されますが、冬場などは水温が下がりすぎるという現象も起こります。夏場であれば高温になる事を避けて水槽内を一定にできますが、冬場では水槽内の水温にも注意する事が大切です。過度に水温が下がってしまうようであれば、ヒーターを活用するなど冬場用の対策を行うようにします。

使用する散気管の空気の排出量などを調整出来ますが、それによって音が気になる人も多くいます。またポンプなどの振動音なども対策すると、快適に使用する事に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です