水槽で様々な生物を飼育する人は多くいますが、熱帯魚などは人気のある種類です。水槽内の環境を水草でレイアウトしたりと、楽しみ方も色々ですが人気のある魚としてメダカがあります。メダカは上手に飼育することで何世代も育てる事ができ、楽しみ方が豊富な生物の1つです。実際に飼育する環境として欠かせないアイテムに散気管があり、エアレーションとして水槽内の酸素濃度を調整する事が出来ます。

ただしメダカの場合は散気管から排出される空気によって、水流が作られる事に対してストレスになる事が多いのが特徴です。穏やかな水流を好む生き物なので、散気管により大きな水流が産まれないように排出される空気の量や大きさなどに注意する事が重要になります。エアレーションの種類も豊富にあるので、より小さく排出量の少ないタイプを選ぶようにします。酸素を供給しつつ水の流れが強くなり過ぎない環境にするため、水草を工夫したり大きめな水槽にしたりする事も方法の1つです。

強い水流によって小さい個体であるメダカは流れ安く、適した環境でないと弱ってしまう原因になるので注意が必要です。ただし弱すぎると水中濃度が不足してしてしまうので、使用する時間を工夫したりとする事も取り入れるようにします。水流の強さによって餌が流れてしまい、十分に食事ができないという事もあるので覚えておくと良いです。散気管を飼育していない別の水槽で一度使用してみる事で、強さや水中温度の変化など試してみるのも良い方法となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です