散気管について詳しく説明していくと、液体の中にガスを放出することができる便利な管のことを意味しています。最近ではエアレータと呼ばれている最も一般的なものがありますが、これは水生生物が生息している水槽の中に入れて使用することで有名です。また、最も身近な存在として広く使用されている散気管となっているので、どのような構造になっているのかを詳しく解説していきたいと思います。一番使用率が高くて知名度のある散気管のエアレータですが、中の構造を詳しく調べてみたところ、パイプにメッシュを取付けたタイプのものが最も一般的であることが分かりました。

かなり高性能ですごく使いやすいことはもちろんのこと、吐きだし部分の素材にこだわりをもって製造されているのが特徴で、超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどを用いていることが大きな魅力になっています。これらの素材を使用することで気泡を微細化させて酸素溶解効率を高める効果が期待できるので、性能の良さを第一に考えた管を使用したいのであればぜひ一度その効果を試してみてください。また、質の高い散気管を手に入れることで様々な効果を実感することができるので、今使用している製品に不満を持っているのであればアイエンスの「アクアブラスター」を購入してみましょう。この製品の魅力は多数ありますが、一番の良さは何と言ってもコストを削減できる点にあります。

そして、圧倒的な酸素溶解力を誇っているので、確実に溶解していきたいのであれば必ず重宝できるでしょう。散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です