散気管は液体中に空気やガスなどを排出する管の事であり、水槽などで使用するエアストーンやエアレーションとして使われています。散気管自体は水槽で使用する理由として、水槽内の酸素を補給させるという効果があります。ただしそれだけでなく様々な効果が多く、しっかり内容を把握して使用する事でより高い効果が得られるのがポイントです。散気管を使用すると水中内の水に動きが生まれ、循環効果を高める事が出来ます。

空気が排出される事で水が動くと、水中内の酸素が均一に浸透させる事が出来ます。水が動かないと無酸素状態になっている箇所などが発生してしまい、水槽内で育てる魚に様々な影響が出てきます。水中内の酸素が均等に広がる効果が得られるので、水自体を劣化するのも防ぐ事が出来ます。水が循環される事で得られる効果として、酸素を均一にするだけでなく水温を調整する効果もあります。

夏場などは水の動きがない状態のまま放置しておくと、水中内の温度は高温になってしまいます。その状態で生息する魚には悪循環であり、過度なストレスを与える可能性が高いです。エアストーンから排出された空気が水中内の暖かさを上に持ち上げ、気泡がはじけると同時に蒸発させる事が出来ます。水温自体を高温になる事を防ぐ事ができ、冷却ファンなどを同時に使用することでより夏場の水温調整を保つ事に繋がります。

水槽内の循環と温度調整としての効果が得られるので、水槽内で魚を育てている人にとっては欠かせないアイテムの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です