散気管は管からガスや酸素などを排出するものであり、水槽なので酸素を供給するために使用されるエアストーンやエアレーションなどが該当します。水槽で熱帯魚などの魚を飼育するためには必要なアイテムであり、水中濃度を保ちながら水流をうみ水質などを一定にする効果なども得られます。散気管自体の商品も種類が多いので、形やアワの大きさなども考慮して、水槽のサイズや飼育する魚の種類に合わせて選ぶ事がポイントです。散気管自体は酸素を水中に供給するだけでなく、様々な作用や効果をもたらす事が出来ます。

まず得られ作用として硝化バクテリアの働きを助ける作用があり、これによって水中環境をより保つことに繋がります。水中で生活してる魚も排泄物を出しますが、排泄物に含まれるアンモニアなどの影響で水質は汚れてくるので水質保持が重要です。何もせずにそのままの状態では水質環境は悪化するだけでなすが、その状態を改善してくれるのが硝化バクテリアになります。ただし硝化バクテリアが活発に活動するためには大量の酸素が必要であり、水中の酸素の量によって硝化作用に大きな違いが出てくるといえます。

バクテリアの動きやすい環境作りのために、散気管は大きな影響を与える事が可能です。水槽の表面には油膜が張ってしまう事がありますが、散気管から排出される空気によって油膜を消す効果を得る事も出来ます。油膜を効率的に消す方法として、より細かい泡を大量に排出するタイプを選ぶとより効果的に油膜を消すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です