散気管は水槽などでよく使用されるアイテムであり、水中に酸素を供給する管になります。アイテム自体の種類は数多くあり、アワの大きさや量など使用するエアストーンやエアレーションなどによって効果なども違いが出てきます。では実際に水槽で散気管を使用する事で得られる効果ですが、まずは酸素を水中に供給できるという点が大きいです。水中で生活する魚にとっても酸素は必要であり、何もない水槽では酸欠になり魚の状態が悪くなる可能性も高くなります。

そのため水中内の酸素濃度を一定に保つためにも、エアレーションやエアストーンなどのアイテムの使用は重要です。次に水中の循環効果や温度調整など、散気管は水中環境にも大きな影響を与えています。まず水中内の動きがないと酸素の量などが場所によって異なり、魚だけでなく硝化バクテリアの働きも鈍くなります。水温なども表面温度だけが異常に高くなったりと、水中内の環境は悪化する原因です。

エアストーンで水中に空気を排出することで、自然と水の流れができるので循環効果が高められます。水温も一部だけ高くなる事も防ぐ事ができ、一定の温度を保つ効果も高める事が可能です。特に夏場などは水温調整は重要になるので、エアストーンでより循環させる事が大切になります。そのほかに酸素を必要とする硝化バクテリアの動きを活性化させたり、水面に張る油膜防止などの効果も得られます。

また水中で生活している魚にとってもリラックス効果を与える事もでき、様々なメリットが得られる事が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です