水槽で魚などのを飼育するだけでなく、水草などを育てている人は多くいます。水草を育てる事で光合成は行われるので、自然と水中内の酸素は供給されるので安心と考える人は多くいます。確かに水槽自体はさほど大きくなく、飼育している魚の数も少なかったり小さい個体であれば問題ない事も多いです。ただし水槽内の水が動く事はないので、酸素濃度なども場所によって違いが出てしまう状態になってしまいます。

その状態になる事で場所によって汚れやすくなったり、水草なども成長に差が出てしまう可能性が多いです。そのため安定した水の環境を保つ方法として散気管の利用があります。散気管はエアレーションやエアストーンと呼ばれる商品が多く、水中内に酸素を排出することができる管になります。排出量や気泡の大きさなども違いがあるので、自分の所有している水槽の大きさや飼育している個体に合わせて選ぶ事が重要です。

実際に散気管を稼働することで、酸素を安定して供給することが出来ます。それ以外に水槽内に動きを付ける事ができ、安定して循環する効果が得られるのが大きな特徴です。水中内に動きが生まれる事で、酸素の量が一定に広がる効果が得られます。水流ない事で場所毎に水中状況が異なるという事がなくなり、全ての水槽内で一定の環境をキープする効果が高いです。

水槽内の生物や水草の飼育を安定に保ちたい場合であれば、酸素供給だけでなく循環効果を得る為に散気管お利用はポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です