散気管は水中内に酸素やガスを排出することができる管であり、多くの場所で活用されているアイテムとなります。一般家庭で活用されているアイテムとしては、散気管という名前ではなくエアストーンやエアレーションとして利用される事が多いです。エアレーションであれば水槽内に酸素を排出することができ、水中内の酸素濃度を一定に保つ効果がえられます。散気管自体には種類がとっても多く、排出量がとても多かったり気泡の大きさが大きいタイプなど様々です。

基本的な効果としては酸素を一定に保つ事ができ、水槽内を循環する効果が得られるというのがあります。水中が循環されれば酸素も安定するので、水草や魚を育てるので整った環境にする事が可能です。それ以外に夏場などは水温対策として、大きな効果を得る事が出来ます。夏場は水温がどうしても高くなってしまう環境であり、飼育している魚によっては高温にしないほうがよい個体も多くいます。

そのため夏場であっても高温にならないように、冷却ファンを使用したりする場合も多いです。ただし散気管の種類の中には気泡が大きく始めるタイプがあり、それを活用することで水中の気温を気化熱の効果で下げる事が出来ます。気化熱を利用することでより水温を下げる事ができ、高温になる事を抑える事が出来るのがポイントです。夏場の水温を一定に保ちたいという場合であれば、散気管と冷却ファンなども活用しながらら工夫することで効率よく保つ事に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です