散気管を設置することにより、工場から排出される廃水の洗浄化が可能になります。工場を長きに亘って運営する上では、環境基準に適合することや、周辺環境に優しい運営を維持することが大切となります。多量の廃水を排出する工場では、河川敷に排出する廃水の成分にも気を配る必要があるのです。川に廃水を放流する際に、酸素を過剰に含んでいると、水面下の微生物の活動が鈍化していってしまいます。

水分中の微生物が活発に動けないことは、悪臭の原因でもある硫化水素の増幅へと繋がっていきます。散気管を設置することで、排出時の酸素濃度を調整することが可能になり、悪臭の原因である硫化水素の過剰発生を防げるようになるのです。古くから営業を続けている工場では、ディフューザーによる廃水処理を行うところもあるものです。ディフューザーによる廃水処理の場合には、効率的な処理が難しいだけではなく、電力消費も多量となっていきます。

工場廃水の処理に散気管を使うことは、環境に優しい経営を維持できるだけではなく、省エネ効果の高い工場運営を実現するものでもあるのです。近隣の住環境との調和を維持するためには、川へ廃水を放流する工場も協調していく必要があるものです。川へ工業廃水を流す際に、必要以上の油脂を含んでしまうと、水中の微生物が油分を捕食できなくなります。水分中の油脂が分解されないまま沈殿していくと、川底に汚泥が蓄積され、川全体が淀んでいってしまうのです。

散気管を用いることは、周辺環境との調和を維持できる工場経営を実現する方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です