散気管とは、水を浄化するために空気を放出する管のことです。日本では過去の公害問題の影響で、工場排水は法律で厳しく規制されていますが、食品加工や機械製造などの工場では必ず汚水が発生してしまいます。この汚水を浄化してから排水しなければならないため、散気管が必要となるのです。散気管は、圧縮された空気がパイプを通して浄化槽や水槽に放出されます。

管の放出口は網目状で、空気の泡を細かくしていきます。この形状は、浄化槽の微生物などが呼吸する酸素を水中に溶け込ませるために必要であり、酸素溶解率が高まることで槽の微生物の生存率が向上するため、浄化の能率もアップします。そして散気管は、様々な場所で使われています。まず、金属製品の製造・加工工場です。

これらの工場では油分を多く含む排水が問題となりますが、排水から油分を分離して処理することができます。また食品加工工場では、排水内の生物化学的要求量と化学的酸素要求量を効率良く除去するので、安全性だけでなく水質汚染の防止や自然環境の保護にも貢献しています。さらに畜産業においては、微生物による有機物の分解が実現できるので、生産効率の向上に役立ちます。他にも、設備内の汚泥量の削減と負荷の軽減・ビル地下の排水槽の浄化と悪臭防止・塗装ブース循環水の浄化と悪臭除去など、用途は多岐にわたっています。

そのため作業効率だけでなく、自然環境の面からも散気管の需要は高まっていくといえます。散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です