散気管は液体の中に酸素などを注入する場合に使用されるものですが、これを使用しているときに逆に散気管の中に液体が流入しないか不安になることも少なくありません。しかし実際には液体がこの中に流入する事はなく、一方通行で気体が放出するだけと言う非常に効果的な構造となっています。その理由は単純に穴の大きさだけではなく、圧力の問題が大きく影響しているものです。散気管の先端の穴の大きさは放出する気体によって異なり、これを適切に選ぶことが効率よく作業を行うために重要なポイントとなっています。

そのため、高い圧力をかけて水中に放出する形となり、この圧力のために液体が内部に流入する事は無い仕組みとなっていることから、気体酒が効率よく液体の中に混入することができるものとなっているのがポイントです。さらに気体がその細かな粒子の単位で液体の中に放出されるため、非常に細かい状態で液体の中に拡散されることから、まんべんなく混入することも可能となっており、非常に効率の良い方法となっているのが特徴です。散気管を利用する場合にはこの原理を十分に意識して、適切なものを選ぶことが必要となります。最近では利用する状況に合わせて適切なものが準備されているため、購入をする際にはこの条件をもとに選ぶのが良い方法です。

特によく利用される魚の飼育などに用いられるものはあらかじめこのような条件が整えられたものが販売されているため、安心して利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です