製造業界にとってなくてはならない設備の中の一つに、散気管というものがあります。実際に様々な現場にて使用されており、近年その種類も増加しています。各メーカーより、より利便性が高く、高性能の製品が開発されており多くの注目を集めていますが、こちらでは散気管の構造や種類などを解説していきます。散気管とは、水を浄化するために空気を放出する管のことですが、管には空気を送り込むためのエアポンプが接続されています。

機械全体を示す言葉としては散気管装置と呼ぶのが正しいものの、現場位においてはそのあたりは略されることもしばしばです。英語ではエアレーターやエアディフューザーとも言われ、浄化槽が必要とされる場所においては必須の設備とも言えるでしょう。一般的に機械製造や食品加工の工場などでは製造や加工の過程において、必ず汚水が発生することとなります。そのようなお水を一時的に浄化槽に貯蔵し、それを浄化したうえで排水する必要がありますが、日本においてはこの手の工場廃液による公害問題が深刻化した経緯もあり、法律によって工場排水に関しては厳しく規制されているのが現状です。

排水を貯蔵するための浄化槽には汚水を浄化する微生物が生息しています。それらの微生物を生存させるために必要な空気を散気管を通じて送り込むようになっています。水族館などでは水槽を泳ぐ魚や、水生生物の酸素を供給するための設備として、これらが利用されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です