散気管は大型機種の場合は、工場で排出される汚水を綺麗にしてから下水道に流すことができますが、この機器は身近な範囲でも活躍することも可能にしています。完全に個人宅の場合、金魚を飼育していたり、熱帯魚を飼育している環境では、小型の散気管を導入することで、水の中に常に空気を送り込むことができ、結果的に飼育している魚の寿命を長く保つことができます。庭に人工的な池を作っていて、鯉などを泳がせている方でも使えます。趣味の範囲として鯉を飼育する際にも散気管の導入により水質を綺麗に保てる他、空気を送り込む機能性でいつでも元気な姿を確認することを可能にします。

池ではなく大型の水槽を設置している場所もあり、例えば海鮮品をメニューにしている飲食店では、お店の新鮮さをアピールするために大型の水槽を完備しているお店も多数あります。普通に水槽に海水を入れて飼育していくだけでは、短期間で水槽内の環境が悪化してしまい、せっかく生きている魚介類を飼育していても無駄に終わってしまいます。この場合でも散気管等を設置することで長生きされられるメリットが生まれます。メーカーにより様々な機種が販売されているので、一般の方が利用をすることができる範囲の会社を探すことにより、水槽内の水質を保全することは可能です。

フィルターが付けられている機種であれば、浄水能力も付随することになるので手間を掛けずに魚介類を水槽内で飼育することには万全の対策を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です