散気管とは液体中に気体を放出するために用いられるアイテムの名称であり、パイプにメッシュを取りつけた形が一般的だと言えます。ガスの吐気部分となる場所には、超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどが取り入れられており、これによって気体の微細化を実現することが可能です。事業で用いる場合は工場や水処理場、水生生物の養殖を行っている場所で用いられることが多く、散気管を導入することによって水質を改善したり水生生物が生活しやすい状態に整えたりすることができます。酸素を放出するケースが多いですが、水に溶け込んだ気泡がスラッジと呼ばれる有機物を含んだ塊を細かく粉砕し、微生物が分解しやすい状態にするので水質の改善が期待できるようになるでしょう。

また、微生物が酸素による呼吸を行うようになるので、硫化水素のような嫌な臭いが発生する問題を防ぐこともできます。散気管の種類は1つだけではなく様々なものから選ぶことができるので、利用する場所に合ったものを選択することが重要となることを知っておくべきです。採用するものによって、放出されるガスの大きさや設置の容易さ、ランニングコストや手入れの簡単さが大きく違っています。近年は業務用の大規模なものでも簡単に設置することができ、手入れが簡単なものも多いです。

もちろん、ランニングコストが低いものや酸素溶解効率が高い微細な気体が放出できる散気管も増えているので、こういったものを積極的に利用してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です