自然界の水たまりの状況は大きく二つに分けられます。一つは済んでいて池などの底まで見えるような状態、もう一つは濁っていて中まで見えないような状態です。この二つの状況の違いというのは、池の中などの有機物の分解の程度に関わっていますが、そのようなことが起きる原因としては、池の水の中の酸素濃度が大きく関わっています。酸素濃度が低い場合には、池の中の有機物質は主に嫌気性細菌により分解されます。

嫌気性細菌による分解では、有機物はアンモニアやメタンガスに分解され、場合によっては有毒物質も生産されることもあります。そのため、このような池では多くの場合、悪臭がしたり生物が生存できないような環境になってしまいます。このような状況は、私たちがそのようなところから水を摂取するという際には大きな問題になる訳です。私たちはこのような状況を回避する必要があります。

このような状況を避けるためにいくつかの方法がある訳ですが、最も多くの負担なく行える方法として水中の酸素濃度を上げるという事があります。水中の酸素濃度を開けることで好気性細菌の活動を盛んにし、有機物を二酸化炭素や水などにまでに完全に分解するというものです。このような好気性細菌による分解により、水質はかなり浄化されることが知られています。このように、好気性細菌の活動を活発にするために水中の酸素濃度を上げる必要がある訳ですが、そのために用いられる器具が散気管と呼ばれるものです。

散気管の構造はパイプ状の物の側面に小さな穴などが空いているもとなっています。パイプ状の物の中に空気などを通し、側面から泡として放出させ水中の酸素濃度を上げるというものです。散気管を使うことで、大きな労力や負担もなく水質の浄化を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です